PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

8月のこと 後編

【8月28日】





110831 (1)

110831 (2)

110831 (3)

110831 (4)
つっ、ついに!



110831 (5)
のっ、のっ、登ってきちゃいました!



110831 (6)
ふっ、ふっ、ふっ、富士山に!


ずっとずっと登りたいと思っていた富士山

今までの人生の中で一番しんどい出来事だったけれど、今までの人生の中で一番達成感を感じることができた出来事でした。

下山したばかりの時は、もう二度と登りたくないと思っておりましたが、この日記を書いていると、なんだかまた登りたくなってくるから不思議・・・(笑)

(近い未来)待ってろよーっ、(たぶんね)富士山!





今後、富士山に登ろうとお考えの皆さんへ

へっぽこ登山家「鈴木寿一」のアドバイスコーナー^^


≪ヘッドライトを忘れるな!≫

御来光を見るために、七合目以降は真夜中に登ります。

真夜中の富士山は、まさに漆黒の世界です。

しかも、2時間ほど足を踏み外せば怪我をしてしまいそうな岩場のエリアを進みます。

ヘッドライトは必ず忘れないようにいたしましょう!(僕は、そのせいで何度かこけそうになりました(笑))


≪防寒着を忘れるな!≫

僕が登った日の、七号目以降の気温は2℃から3℃くらいでした。

荷物になりそうだからといって、防寒着を置いて行かないで!

トレーナー、またはフリースは必携です!(僕は、そのせいで何度か凍え死にそうになりました(笑))


≪どんな状況・どんな場所でも眠れるように練習しておけ!≫

富士登山は、まず17時から21時くらいまで登った後に山小屋で2時間ほど仮眠し、その後23時から29時くらいまで登り続けます。

山小屋にて少しでも仮眠し体力回復を図れればよいのですが、それはなかなか難しいです。

30人以上が一つの部屋で、一人あたり布団半分くらいのスペースを使用し寝袋を敷いて眠ります。

それだけならまだしも、貴重な仮眠時間中、ずっとキャッキャっと喋り続けている若い連中や、すぐ隣の応接室でずっと談笑し続ける山小屋スタッフなど心無い人たちがたくさんいます。

案の定、僕は一睡も出来ず、下山時に寝不足もあってか気分がすごく悪くなりました。

日頃から、どんな状況・どんな場所でも眠れるように練習しておきましょう!(どんな練習やねん(笑)!)


≪登りが100シンドイだとすると下りは80シンドイはある!≫

最後の最後まで気を抜かずにがんばって!

登りより下りの方がしんどいということがよく言われるように、下りもかなり大変です。

ちなみに僕は、下山時に気を抜いてしまったために両膝と左足人差し指の爪をやられてしまいました(笑)





【オマケ】



110831 (7)
噂には聞いていたけれど、本当にパンパンだったポテトチップス(^q^)



ブログランキングに参加中です!
本日もワンクリックずつ、どうぞよろしくお願いいたします^^



スポンサーサイト

| 雑記 | 23:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

アクティブですね!^^
雲海がすごくきれいです。

自分はお腹がパンパンですよこんちくしょー

| バロッケ | 2011/09/04 22:12 | URL |

バロッケへ
雲海すごいでしょー?

下からひょっこり神龍が顔を出してきそうな感じだよね^^


あれあれ?

バロッケのことだから、「自分はキ○タマがパンパンですよこんちくしょー」ってくると思ったのに(笑)

| 寿 | 2011/09/06 22:48 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jui0011.blog109.fc2.com/tb.php/663-8e554569

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。